こんにちは。ゴルフアドバイザーまいです。

 

ゴルフはスコアを競うスポーツです。

とにかく少ないスコアで、コースをまわると良いスポーツです!

ゴルフはスコアを競います。スコアが、小さければ小さいほど、goodということになります。スコアは、誰かが数えてくれるわけではありません。自己申告制ですから、自分で数えていくことになります。

ですから、スコアの数え方を覚えることは、とても大切です。はじめは覚えることも多いですが、楽しみながら、少しずつ覚えていきましょう!

 

初心者だとボールを打つことと、左みぎに飛んでいったボールを追いかけたりで、スコアをカウントするどころではないかもしれません。

私も、OBしたりバンカーに入ったりしたときは、数えていたスコアが、頭から飛んでいってしまって、あれ?いくつだっけ?ってことが、たくさんありました。

 

初心者でスコアを数えることは、たいへんだと思いますが、ゴルフはスコアを競うスポーツなので、数える癖をつけていきましょう。ここでは私が実際にゴルフをプレーしてみて、最初に覚えておくと良さそうな、最低限覚えておきたいスコアのルールをご紹介していきますね。

sponsored Links

スコア用語を覚えよう!

スコアを数えるには、スコアの用語を覚えておくと、よいでしょう。

ゴルフは、18のホールをプレーすることで 、1ラウンドのゴルフが終了します。

最初のホールが 1番ホール、次に2番ホール、3,4と続いて、最後のホールが 18番ホールになります。各ホールには その長さに応じて 基準となっている打数(パー)が設定されています。

 

Par(パー)とは

 

カップにボールを入れるまでの基準となる打数のことをいいます。

ゴルフのコースは、全体で18のホールがあります。その18のホールを1日でプレーしてまわります。

これを1ラウンドと呼びます。ゴルフ場では、Par72の表示をみかけると思います。これは、1ラウンドを18ホールでまわったときの基準となる打数は72打ですという意味です。

1ラウンド72打でまわるのが、基準ということになります。

 

18ホールの各1ホールごとにも、基準となっている打数があります。

Par3は、基準となっている打数は3打。3打目で、ボールがカップに入ると、パーになります。

Par4は、基準となっている打数は4打。4打目で、ボールがカップに入ると、パーになります。

Par5は、基準となっている打数は5打。5打目で、ボールがカップに入ると、パーになります。

 

Par(パー)は、そのホールの基準となっている打数のことをいいます。

各ホールに設定されている基準となっている打数のPar(パー)を目標にコースをまわります。ただ、ゴルフ初心者は、Par(パー)で、コースをまわることは、難しいです。少しずつ練習して、いずれはPar(パー)を目指していきましょう。

 

ゴルフには、専用のゴルフ用語がたくさんあります。そのなかでも、今回は、スコアに関する用語をみていきましょう。

 

打数とスコアの名前を覚えよう!

 

各ホールの基準となる打数はPar3かPar4かPar5の設定です。

 

・Par3は、ショートホール

・Par4は、ミドルホール

・Par5は、ロングホール

 

となっています。打数の名前はこのようになります。

Par(パー)を基準に、考えると、

 

 

アルバトロス(ダブルイーグル)は、(-3打)になります

イーグルは(-2打)になります

バーディーは(-1打)になります

Par(パー)は(+-0打)になります

ボギーは(+1打)になります

ダブルボギーは(+2打)になります

トリプルボギーは(+3打)になります

 

では、次はゴルフ初心者が、わかりにくい、OBや池、バンカーなどのペナルティーのスコアのつけ方や数え方をみていきましょう。

コースデビューして、すぐの頃は、OBや池、バンカーにボールがたくさん飛ぶと思います。

私も、ティーグラウンドの1打目なんかは、特に力がはいりすぎて、OBになったり、その後もボールを打つと、右に左に飛んでいってしまって、池をこえられなかったり、バンカーに入ったりで、たくさんしていました。

ゴルフ初心者は特に、OBや池、バンカーにボールが飛ぶことがが多くなるでしょうから、ペナルティースコアの数え方を覚えておいたほうが、良いでしょう。その数え方を今から、みていきましょう。

 

ゴルフのスコアのペナルティーの数え方について

 

・OB(オービー)→1打罰

 

各ホールの1打目!ティーグラウンドの場所のペナルティーについて。

ティーグラウンドとは、ティーアップして、ホールの一打目を打つ場所のことをいいます。

そして、各ホールのティーグラウンドから打つ、一打目のことをティーショットといいます。

 

・ティーショットがOB(オービー)になった→1OBにつき、1打罰

 

ティーショットがOBになると、1回のOBごとに1打罰になります。

OBとは、プレイできる決められている境界線の外にボールがでてしまうことをいいます。

 

ティーショットがOBの場合は

 

ティーショット(1打)+OB(1打罰)=2打

もう1度ティーショット(1打)

 

合計3打

 

・セカンドショットがOB(オービー)になった→1打罰

 

OBになったボールを打った場所に、できるだけ近い場所で、ボールをドロップ(池などに入った際、ルールに従いボールを拾って、肩の高さからボールを落とす行為)して、再度打ちます。

 

・アドレス中や素振りで、ティーからボールが落ちた→無罰

アドレス(ボールを打つために、構えに入ること)や素振りで、ティーからボールが落ちても無罰です。ただし、素振りしたクラブがボールに当たった場合は、1打になります。

 

 

・空振り→無罰

空振りは、ペナルティーにはなりませんが、1打打ったとみなされます。

空振り(1打)+再度打つ(1打)=2打となります。

 

・ウォーターハザード→1打罰

 

打ったボールが池に入ってしまい、発生するペナルティーをウォーターハザードといいます。この場合は、1打罰となります。

 

・スイング前に邪魔な枝を折る→2打罰

 

ボールを飛ばしたい方向にある邪魔な枝を折ると、ペナルティーになり、2打罰になります。

スイングしやすいように、スイング区域を意図的に改善するとペナルティーです。

ただし、スイングしたときに、クラブに当たって、枝が折れた場合は、無罰です。

 

・バンカーの砂にクラブや手が触れる→2打罰

 

クラブを振る前に、バンカーの砂にクラブや手が触れると2打罰となります。

 

・自分のボールを蹴ったりして、動かしてしまう→1打罰

自分のボールを蹴ったりして動かしたら、1打罰になります。ボールを動かしてしまたら、ボールがあった場所に戻しましょう。元の場所にもどさないで、そのまま打つと2打罰になってしまします。

 

・グリーンの上でマークをしないで状態で、ボールを拾ってしまった→1打罰

グリーン上にボールがのったら、他のひとがボールを打つ邪魔にならないように、自分のボールを拾います。このとき、ボールを正しい位置に戻せるように、必ずボールを拾った場所にマークをしなければなりません。マークをしないと1打罰となります。マークは自分の拾うボールの後ろにマークしましょう。

 

まとめ

ゴルフ初心者は、コースで、ボールを打つことに集中してしまって、スコアのことを忘れてしまいがちです。

私はプレー中に、OBになったり、バンカーに入ったときなんかは、スコアがいくつか頭から飛んでしまってカウントできなかったりしていました。

その経験から、これがあると便利だなと思ったのが、スコアの数を記憶させることができる、スコアカウンターでした。

スコアカウンターなどを使って、どのくらいのスコアでまわれたのか、楽しみながら、スコアをつける癖をつけていきましょう。

毎回スコアをつけることで、自分の癖も分かったり、上達していきながら、最初のころのスコアと比べてどのくらい上達したのか、スコアくらべをするのも楽しみのひとつです。焦らずに、スコアをつけていくことに、慣れていきましょう。

 

初ラウンドに備えて、スコアの数え方は、少しおわかりいただけたでしょうか?

これからも、まいと一緒にゴルフスキルをどんどん上げていきましょうね。

では、また次回おあいしましょう。