こんにちは。ゴルフアドバイザーまいです。

 

たくさんあるクラブの中でも、ドライバーは一番クラブの長さが長いので、打ちにくいといわれています。

初心者のうちは特に、ドライバーで打っても飛ばなかったり、当たっても右方向ばかりに、ボールが飛んでいってしまうことが多いでしょう。

 

私は、最初の頃の練習では、7番アイアインの練習が終わったあと、ドライバーにクラブをかえて練習をしていたのですが、7番アイアンとドライバーでは、クラブの長さが違うので、クラブの長さが長い、ドライバーに変えて打つ一打目なんかは、大きく地面をたたいて、クラブ折れてない?っていうくらいスゴイ音をたてながら、打っていました。

 

ゴルフ初心者でおなじようなお悩みをお持ちの方にむけて、ドライバーの上達のコツ、

おすすめの練習方法をご紹介していきます。

sponsored Links

ストレッチをする

 

ゴルフは、上半身と下半身の体のひねりを使って、ボールを飛ばします。

正しいアドレスをして、体をひねり、クラブのヘッドが、最初に構えたところにブレないで、戻ってくれば、ボールに当たって飛びます。

 

体のひねりに柔軟性が大きくかかわってきます。

肩甲骨や股関節の柔軟性で、飛距離アップに繋がってくるぐらい、体の柔軟性は密接に関係しているようです。

私も、練習をはじめる前には、必ずストレッチをするようにしています。

 

ゴルフ練習場に到着して、すぐに素振りをして練習をはじめるときは、調子がでないです。

もともと体が固いので、体のひねり具合に影響がでてきてしまいます。

実際にストレッチをしたときと、しないときの違いを体感しているので、ぜひ練習をはじめるまえには、ストレッチすることをおすすめします。

 

そして、練習前だけではなくて、毎日少しずつでも良いので、すきま時間やお風呂あがりなどにストレッチすることで、更に柔軟な体になっていき、飛距離アップに繋がっていくことになるでしょう。

 

ゴルフ教室でレッスンをうける

 

ゴルフ初心者の頃は、わからないことも沢山ありますよね。

自分に合ったグリップの握り方や、アドレス、スイングの仕方も分からないと思います。

ゴルフ教室でレッスンを受けると、ゴルフの基礎をプロから教わることができます。

プロは、現状をみて、その人に必要なことを丁寧に教えてくださるので、上達していくのも早いです。

どんなスポーツでもそうですが、基礎は大切です。

基礎練習は、のちのちの応用にもつながってきますから、基礎を徹底的に学び体感していくことで、自分のなかでの基盤ができて、それが、おのずと飛距離アップにもつながっていくことになるでしょう。

 

ゴルフ教室では、ボールを打ったときに、飛ばなかったり、右や左に曲がりすぎたり、まっすぐ遠くに飛ばせなかったときは、プロが、修正するとよい箇所を教えてくださいます。

ですから、すぐに軌道修正することができます。教えていただいたとおりに修正すると、すぐに改善されてボールが飛ぶようになります。

 

フォームの改善、グリップの確認、立ち位置、構えなど、そのときにボールが飛ばなかった原因を教えていただけるので、教室以外の練習のときや、ゴルフのラウンドどきに、ボールが思うように飛ばなかったときは、プロから教わったことを思いだして、自分で修正ができるようになっていきます。

 

自分のスイングを撮影する

 

自分のスイングを撮影して、どのようなスイングになっているのか、確認してみましょう。

自分のスイングは撮影しないとみることができません。

誰かに撮影してもらうか、それが難しいようなら、室内でできる映像を見ながらラウンドできる、シュミレーションゴルフをすると、ボールを打つたびに、自分のスイングが撮影されてリプレイ映像で出てきますので、どのようなフォームでスイングしているのかを確認することができます。

 

自分のスイングをみると想像していたスイングとは、ぜんぜんちがうかもしれません。

私も何度か撮影したり、シュミレーションゴルフでスイング映像をみたりしていますが、自分の姿勢の悪さに最初おどろきました。

スイング映像をみると改善したい部分がみえてくるので、おすすめです。

 

私の友人はスマホに保存されているほとんどの映像が、スイング映像なのですが、はじめた頃とボールが飛ぶようになってからの映像をみせてもらうと、かなり違いがあって面白いです。

プロゴルファーのスイングと、自分のスイングを比較してみたりもできるので、機会があれば撮影してスイングを確認してみてください。

 

まとめ

 

ゴルフに体の柔軟性は、大きく関係しています。

すきま時間やお風呂あがりなどに、ストレッチをする習慣をつけることで、体の柔軟性をアップさせることがでます。ゴルフに大きく関係している肩甲骨と股関節まわりのストレッチもとりいれて、ドライバーの飛距離アップにつなげていきましょう。

スポーツはなんでもそうですが、基礎が大切です。基礎を固めて、自分の基盤をつくって、ゴルフ上級者をめざしていきましょう。きっと楽しいゴルフ体験が、どんどん、できるようになっていくでしょう。

 

ドライバーの練習方法や、上達のコツは少しわかっていただけたでしょうか?

これからも、まいと一緒にゴルフスキルをどんどん上げていきましょうね。

ではまた、次回おあいしましょう。