こんにちは。ゴルフアドバイザーまいです。

 

ゴルフをはじめたての頃は、打ちっぱなしの練習場に行ってボールを打とうと思っても、なかなか当たらないかもしれません。

当たっても近くに転がってしまったり、思うようにボールが飛んでくれないことが多いのではないでしょうか。

ボールが飛んだと思ったら、次に打ったボールはぜんぜん飛ばなかったりして、当たったり当たらなかったりを繰り返すことも多くなりますね。

 

私も、はじめたての頃は、いつも、打ったボールが飛ばなかったり、ボールに当たったり、当たらなかったりの繰り返しでした。

そんな初心者さんに向けて、私がゴルフ教室での体験をとおして、ボールを打つ前の素振りの効果的な方法や、自宅でできる練習方法などを、ご紹介していこうと思います。

sponsored Links

なぜ素振りがおすすめなのか?

 

ボールを出来るだけたくさん打てば、上達できるのかというと、そうでもありません。

何も考えずに、1打を打って、ボールが当たったとか、当たらなかったことを一喜一憂していても、上達はむずかしいでしょう。

 

ゴルフは、グリップやアドレス、スイングが基本どおりにできていれば、クラブを振れば、自然とボールに当たり、ボールが飛ぶようになっています。

この基本動作がとてつもなく大事です。

 

ゴルフ初心者が、ボールに当たったり当たらなかったりするのは、基本動作がまだ固まっていなくて、ブレが生じるからです。

フォームがある程度固まってくれば、おのずとボールに当たり、遠くに飛ばせるようになってきます。

 

そこで、とっても大切になってくるのが、素振りです。

私は、じぶんの体験から、ゴルフ教室に通って、プロに基礎を教わることをすすめています。

そのゴルフ教室での体験をとおして、素振りがなぜおすすめなのかを話していきますね。

 

私がゴルフ教室で一番最初にしたことは、グリップの握り方、アドレス、スイングの動きをプロと一緒に実際にやって、流れがわかったら、あとはその動きを何度も何度も繰り返し素振りをして、体に覚えさせることをしました。

ボールは、一度も打ちません。

ただひたすら、素振りをします。

 

打ちっぱなしのゴルフ練習場にあるボールをのせるゴムティーに、ボールはのせない状態で、7番アイアンをつかって、何度も何度も素振りをします。

グリップ、アドレス、スイングが、基本どおりにできているときは、スイングしたときに、クラブがゴムティーに当たる瞬間、中心をとらえているときは、スパーン!とキレイに当たった音がします。

グリップ、アドレス、スイングのどれかが、基本どおりにできていないと、ゴムティーを外して空振りするか、かすった音がするので、基本ができてないことがすぐに分かります。

 

こういうときに、ゴルフ教室でプロから習っていると、そのとき何故、ゴムティーに命中しなかったのか、的確に教えてくださいます。姿勢だったり、グリップだったり、立ち位置だったり、スイングの仕方だったり、初心者でフォームが固まっていないので、理由もさまざまありますが、素振りを通して、基本動作を徹底的に教えてくださいます。

 

この何度も繰り返しおこなう素振りの効果は、実際に体験してみるとわかると思いますが、後あと、とても役にたってきます。ゴムティーに当たらなかったときの修正内容は、自分のクセが出る部分も含まれるので、ボールを打つようになって、慣れてきてもでてきてしまうクセが個々にあって、そんなときも最初に教わった、修正内容を思いだして、すぐに修正できるので、ゴルフ教室で基礎を教わりながら素振りをとおして、フォームを固めていくことは、とってもおすすめです。

 

自宅で素振りの練習

 

打ちっぱなしの練習場に、行けなくても、自宅で素振りの練習ができます。

毎日少しでも素振りを練習するだけでも、フォームづくりにつながるので、おすすめです。

ただここで、注意しないといけないことがあります。

 

もし、ゴルフ教室に通われていなくて、模範になるものもなにもなくて、漠然と素振りをしても、もしかすると、間違ったフォームを繰り返し何度も何度も、体におぼえさせていくことになるかもしれません。それでしたら、やらないほうが良いことになってしまいます。

初心者のフォーム固めは、今後のゴルフに大きく影響がでてきます。間違ったクセがついて覚えてしまって、後で修正しようと思っても、なかなか修正するのはむずかしいです。

 

プロに教わったフォームを思いだしながら、素振りの練習をするのは、ひとつひとつの動作を確認しながら素振りをするでしょうから、素振り効果はかなりあります。

教わった内容を振り返りながら、素振りをして、どんどん体におぼえさせましょう。

 

自宅の室内でクラブを振るのは危険なので、私は自宅室内で素振りの練習をするときは、

グリップ矯正棒を使って、素振りをしていました。

グリップの握り方が最初の頃すごく苦手で、できなかったので、グリップ矯正しながら素振りができたので、一石二鳥でした。

 

まとめ

 

素振りは、やみくもにやっても意味がないです。

基本動作を学んだうえで、素振りをすると効果的です。

素振りを何度も何度も練習したけど、それが間違ったフォーム固めの原因になってしまわないように、基礎をしっかり守って、そのうえで素振りの練習をすることをおすすめします。

 

ひとつひとつの動作を確認しながら、ゆっくり素振りをしてポイントをおさえて、その部分はできているのかなど、目的をもって素振りをすると、自分のクセなどもわかって修正しやすです。

コツコツやるのは、なかなかむずかしいことですが、練習することで、どんどん上達していきますよ。

 

素振りの効果的な方法や、練習方法は少しおわかりいただけたでしょうか?

これからも、まいと一緒にゴルフスキルをどんどん上げていきましょうね。

それでは、また次回おあいしましょう。