こんにちは。ゴルフアドバイザーまいです。

 

ゴルフをはじめるとスライスという言葉を聞くようになります。

では、このスライスって、どんなことを意味してるのでしょうか?

私も、スライスって何?何だろう?って思っていました。

スライスというのは、右利きの人の場合、左から右に大きくボールが曲がってしまうことをスライスといいます。

 

反対に、右から左に大きく曲がっていくボールのことをフックといいます。

ゴルフ初心者は、最初の練習では、いつもスライスボールばかりになることが多いです。

私も最初の頃は、いつもいつもスライスボールでした。

このスライスボールの原因は何なのか、直し方はあるのか、それをみていきましょう。

sponsored Links

スライスがおきる原因はなに?

 

ゴルフ初心者がまず行く打ちっぱなしで、練習すると、右利きの人は、ボールを打つたびに、右に曲がっていくことが多いのではないでしょうか。

真っすぐ飛ばそうと思っても、右に飛んでいってしまうのその原因は、なぜなのでしょうか。

 

私も、ゴルフ教室に通って最初の頃は、ボールを打っても打っても、右に曲がってばかりでした。。

最初ゴルフ教室では、ボールを当てることから練習していきますので、とにかくボールを打って当てるの繰り返しの練習だったのですが、それを繰り返すことで少しずつ上達してきた頃、ゴルフ教室の先生が、次のステップのアドバイスをしてくださいました。

 

それが、ボールを打ったときに、ボールが右に飛ぶときに、右に曲がって飛ばないようにするためのアドバイスでした。

ゴルフ教室の先生が、ボールが右に曲がったときに、直すポイントをそのつど教えてくださるので、聞いて改善しての打つの繰り返しで、少しづつ、ボールを真っすぐ飛ばすことができるようになりました。

 

スライスがおこる原因は、ボールを打つ瞬間(インパクト)に、フェースが目標方向に向いていなくて、フェースが右の方向に向いている可能性があるようです。

では、どういうことに気を付ければ、よいのでしょうか?

 

 

・スライス対策その1

 

ゴルフ初心者は、どうしても打つときに力が入りすぎてしまいます。

とにかく、まずは、リラックスすることを心がけてみましょう。

 

 

遠くに飛ばしたいと思うときも、かなり力が入ってしまいます。

周りで打っている人が、遠くにボールを飛ばしまくっていると、一緒に飛ばしたくなって、とっても力が入って、いつもの基本フォームを忘れて、打ってしまうことが、経験上あります。

みなさんにも経験あるのでは、ないでしょうか?

とにかく力を入れすぎずに、打つようにしてみましょう。

 

では、力を入れすぎてしまうと、どうなってしまうのでしょうか。

体を早く回転させてしまうことになって、腕がついてこないで、振り遅れが起こってしまいます。

そうすると、フェースが開いた状態で打つことになり、スライスの原因になります。

 

特に、初ラウンドの時などは、力が入りすぎて、気持ちが先走ってしまい、基本はボールを打ったあとに顔が目標方向に向くところが、力が入って先走っているときは、ボールを打つ前から、顔が目標方向にむいてしまい、結果、腰も開いて腕まで振り遅れて、フェースが開いた状態でインパクトをむかえることになって、スライスしてしまいます。

 

そういうときは、ゆっくりクラブを振ることを心がけて、基本に忠実なスイングをするように軌道修正しましょうね。

 

スライス対策その2

 

・グリップを見直す

 

ゴルフでは、ゴルフクラブの握り方(グリップ)が、最も基本的な動作で、ボールを正しく飛ばすには、とても需要になってきます。

グリップの握り方を直すだけで、ボールを真っすぐに飛ばすことができる可能性があります。

なぜなら、グリップの握りかたによって、ボールを打つ瞬間(インパクト)のフェースの向き(ゴルフクラブの打球面)に違いが生まれます。

フェースが間違った方向にむいていては、いくらスイングの修正をしても、ボールが曲がってしまったり、思ったようにボールを飛ばすことができません。

 

実際にゴルフクラブを握って構えたときに、地面に接する部分と自分の体を垂直になるように合わせます。

この時点で、クラブのフェースが開いていると、打ったときも右にボールが飛んでいく可能性が高いです。

フェースの向きを確認しましょう。

 

グリップの握り方は、全員同じではありません。

力が弱い女性に合った握り方だったり、真っすぐ飛ばす握り方だったりと、何種類かあります。

できれば、ご自分に合った握り方を知るためにも、早い段階で、クセが付く前に、一度ゴルフ教室などに、行ってプロに教えていただくと良いでしょう。

 

まとめ

 

スライスの原因は、フェースが開いた状態で、ボールを打つ瞬間(インパクト)をむかえていることが多いです。

ボールを打つ前に、まずは基本のグリップの握り方はできているのか、そしてアドレスができているかを意識してみましょう。

何でもそうですが、基本にもどり、基本をコツコツ練習することで、おのずと良い結果に結びついていくでしょう。

スライスしたときは、まずは基本にもどり、基本動作を意識してボールを打つようにしてみましょう。

 

スライスの原因と直し方は、少しわかっていただけたでしょうか?

これからも、まいと一緒にゴルフスキルをどんどん上げていきましょうね。

では、また次回おあいしましょう。