石内都さんは、写真家として有名で、海外でもご活躍されていますね。

 

独特な感性や思いが、写真に映し出されている、写真家の石内都さんを

クローズアップしてみたいと思います!

 

こんにちは☆maiです(*^^*)

写真家の石内都さんが、どんなカメラを使っているのかも興味津々です!

そして、作品に対する思いが、どのように写真に映し出されているのか、

気になるところですね!

 

それでは、早速調査してみたいと思います!

石内都の経歴・年収や出身校は?カメラの値段やブランドも!

にズームイン!

sponsored Links

 

石内都の経歴・年収や出身校は?

 

石内都さんの経歴や年収や出身校などをみていきましょう!

 

石内都(いしうち みやこ)さんは、戦後まもない

1947年3月27日生まれ。

群馬県で生まれて、神奈川県横須賀市で育ち、

出身校は、横須賀市立第二高等学校で卒業する。

 

多摩美術大学デザイン科入学されましたが、大学2年より染織専攻されて中退。

 

1979年、第4回木村伊兵衛賞受賞。

1999年、第15回東川賞国内作家賞、第11回写真の会賞受賞。

2006年、日本写真協会賞作家賞受賞。

2009年、毎日芸術賞受賞。

2013年紫綬褒章受章。

2014年、ハッセルブラッド国際写真賞受賞。

 

石内都さんは、人の体の傷を撮影されることで、知られていますが、

被爆した「ひろしま」にカメラをむけています。

 

広島平和記念資料館は、原爆と被害と脅威を伝える資料館で、

核兵器廃絶を訴えることを目的に1955年に建てられている、

その広島平和記念資料館を訪れる。

 

石内都さんが、展示で目をとめたものは、被爆した人が身に着けていた

衣服や持ち物

 

衣類や持ち物を撮影された、石内都さんの作品は、こちらから語りかけるのではなく、

向こうから語りかけられる感じがする作品に仕上がっているといわれています。

 

石内都さんは、人の体の傷をとりつづけてきた。

傷は痛ましい肉体の記憶、と同時に癒えていく命の痕跡でもある。

 

傷には、その人の人生の時間が、降り積もっていると、石内都さんは言われています。

「人間の体は、時間に抱きしめられている」

 

石内都さんは、若い頃は、花を撮ったら写真家としては終わりかなと

思っていたようですが、しかし、年齢を重ねてから撮ってみたら、

何か新しい始まりのように感じたようです。

 

バラの花の写真は、肉厚的に撮りたかったようで、お肉とか紅鮭のように、

みえるし、花っていうのは、生殖器だから、花そのものがセクシーと言われています。

 

撮ったバラの写真は、すべて根っこがついている状態で撮影されていて、

存在の仕方が違うと感じられている。

 

しおれている花の写真も撮影されていて、解説されていた内容は、

しおれているということは、生きていた証拠として、また再生するために

枯れていく。

 

だから、枯れていても美しい。

 

石内都さんの写真の展示方法は、空間に合わせて展示する。

小さい写真と大きい写真を飾ることで、見る人が距離感を持ちながら、

写真と対面できるような空間づくりをしている

 

このように、人を惹きつける数々の作品を出されている、石内都さんの

年収は、おいくらぐらいなのでしょうか?

 

カメラマンのお仕事で、フリーランスをされている方だと、

1000万をこえる人もいるようです。

石内都さんは、2005年、ヴェネツィア・ビエンナーレに日本代表で、選ばれています。

写真展や、写真集もたくさん出されていて、海外でも名前が知られているぐらいご活躍されている経歴をもたれているので、年収は数千万円あるのではないかと、予測されます。

 

カメラの値段やブランドも!

 

石内都さんが、撮影されるときに、使っているカメラや、その値段やブランドは

どんなものなのでしょうか。

 

映像に映し出されて、確認できたブランドはNikonのカメラでした!

調査してみたところ、Nikon F3を使用しているようです。

 

Nikon F3のデザインは、アルファロメオやBMW、マセラティの海外メーカーの車や、

日本車のいすゞ 117クーペも手がけている

カーデザイナーのジョルジェット・ジウジアーロが手がけたデザインです。

 

Nikon F3は、デザインがカッコイイことでも有名ですね!

 

お値段のほうですが、発売が終了となっていて、現在中古での購入になります。

 

発売されていた時は、どのくらいのお値段だったか調べてみました。

 

カタログ(1998.12.12発行)によると、メーカー希望価格は次の通りです。

カッコ内は、1999年の新品の実勢価格(前者はヨドバシ・カメラ, 10%ポイント付き、後者は、フジヤカメラ、ポイントなし)。

 

Nikon F3: \183,000 (\131,000, \131,000)

Nikon F3 HP: \194,000 (\147,500, \139,000)

Nikon F3/T: \263,000 (\210,400, \189,000)

 

レンズ

Ai50mmF1.4S: \43,000

 

まとめ

石内都さんの撮影されている思いを知ると、残されている作品を

もっと見たくなってきますね。

 

撮影される人の思いが、写真に映し出されるから、

同じものを撮影しても、全然ちがう作品ができあがっていくことを

しみじみ感じます。

 

石内都さんは、SWITCHインタビューにも出演され、

最新の表現する思いを知ることが、できるので楽しみですね♪

 

それでは、

石内都の経歴・年収や出身校は?カメラの値段やブランドも!

を最後まで、お読みいただき、ありがとうございました☆