2019年5月1日から、元号が「令和」になりますね。

 

2019年4月30日に、天皇陛下が退位され、翌5月1日に皇太子さまが新天皇に即位され、
新たな元号に改められます。

 

「令和」の令という文字は、元号で初めて採用されて、とても注目をあつめていますね。

日本最古の「万葉集」からの出典で、日本古典から採用されたのも、今回が初めてということ。

 

新元号の「令和」どういう意味がこめられている?意味や由来、なぜ万葉集から引用したのか、

発案者や、天皇退位、即位にともない祝日は、どうなるのかなど、紹介したいと思います。

 

 

sponsored Links

 

 

 

「令和」新元号の意味由来は!

新元号「令和」は、万葉集から引用されたようですね。

 

出典:「万葉集」梅の花の歌

(冒頭)天平(てんぴょう)二年(730年)正月十三日に、師(そち)の老(おきな)の宅(いえ)に萃(あつ)まりて、宴会を申(ひら)く。
時に、初春の

月(れいげつ)にして、気淑(きよ)く風らぎ

梅は鏡前(きょうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き、欄は珮後(はいご)の香(こう)を薫す。

という文言から引用されたもので、この「令和」には、日飛び地が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つという意味が込められているそうです。

 

「明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる

そうした日本でありたいとの願いを込め令和に決定いたしました」(安倍総理)

 

なぜ万葉集から引用したの?

これまでは、元号は全て中国の古典を由来としてきたとされておりますが、

改めて日本の古典である万葉集から引用された理由は、

 

「日本には決して色あせることのない価値があると思います。

今回はそうした思いの中で歴史上初めて国書を典拠とする現合を決定しました。

特に「万葉集」は、1200年余りの前の歌集ですが、

一般庶民も含め地位や身分に関係なく幅広い人々の歌が収められ、

その内容も当時の人々の暮らしや息づかいが感じられ、

正に我が国の豊かな国民文化を象徴する国書です。

これは世界に誇るべきものであり、わが国の悠々の歴史、薫り高き文化、そして四季折々の美しい自然、こうした日本の国柄はしっかり次の時代にも引き継いでいくべきであると考えています。」

(安倍総理)

 

「新しい時代には、若い世代の皆さんが、活躍することができる時代であってほしい。

この点が、今回の元号を決める大きなポイントでもありました。

平成の時代のヒット曲に「世界に一つだけの花」という歌がありましたが、

次の時代を担う若者たちが、明日への希望と共にそれぞれの花を

大きく咲かせることができる、希望にみちあふれた日本を作り上げていきたい。

「人々が美しい心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」(安倍総理)

 

新元号「令和」いつからはじまるのか

2019年4月30日に、天皇陛下が退位され、翌5月1日に皇太子さまが新天皇に即位され、
新たな元号に改められます。

平成の最後は、2019年(平成31年)4月30日。

2019年5月1日から、新元号「令和」が始まることになります。

ローマ字でR?L?

「令和」れいわ

アルファベット表記の場合、ローマ字で、Reiwa   ?      leiwa?

どちらで表記するの?

 

新元号「令和」は、Reiwa

ローマ字で、Rで表記されるようですね。

新元号の発案者についてですが、はっきり発表はなかったですね。

 

祝日はどうなる?

 

天皇退位、即位にともない祝日に変更はあるのか調べてみました。

 

◎2018年までは祝日で、2019年からは平日。
平成=天皇誕生日・12月23日

 

◎2020年から祝日
令和=天皇誕生日・2月23日

 

◎2019年のみ祝日
皇太子さま新天皇即位の日・5月1日(水)
即位礼正殿の儀・10月22日(火)
国民の休日・4月30日(火)・5月2日(木)

まとめ

新元号の意味由来は、日本の古典である万葉集から引用されていましたね。

新元号が、万葉集からの引用ということで、今、万葉集にも、とても注目が集まっていますね。

国書に触れるきっかけにもなって、とても素晴らしい新時代の幕開けになりそうです。

「令和」新元号の意味由来は!なぜ万葉集から引用したの?を最後まで、読んでいただきありがとうございました。